寄ってくる真実

O型やB型は蚊に刺されやすい?ってたまに聞くことがありますよね。
これって本当だと思いますか?
蚊が血液型で人を認識して刺すことはないというのが真実です。
そもそも血液型で性格が違う等、実証されていない事柄が多いですよね。
汗や匂いよりも二酸化炭素の方が蚊を引き寄せることは分かっています。
代謝量が多いと二酸化炭素を多く排出することになります。
二酸化炭素が含まれるビール、息から吐き出される二酸化炭素、そして炭から出る二酸化炭素。
これらに連想されるのは、バーベキューです。
バーベキューは蚊が寄ってくる要素が最大限にあるもので最悪ですね。
もともとバーベキューでた食べるのも好きじゃないのに、環境もそうなってくるとますます参加したくないイベントです。

長年のミス

私の髪の毛は硬めだし量は多い困ったちゃんです。
だからサラサラになるなんてことは諦めていました。
しかし、コンディショナーちゃんと使えばサラサラになるとやっと気が付きました。
髪の量に比べて少ししかつけていなかったのが原因のようです。
あとコンディショナーも選びに選んで購入して、いざ使ってみたら匂いが微妙でした。
匂いの名前が花束とか書いてあるのにちょっと違和感はあったんですよ。
でもサンプルはないし、通販でボトルを買うと安かったしで購入してしまいました。
たくさんつけようと思って二回もプッシュしたのもいけなかったようです。
だって肩から20センチ下くらいまであるロングだからと思って。
お風呂場に匂いが籠っちゃうし家族にも迷惑をかけたような・・・・。

ソレジャナイ感

私が求めているのはソレジャナイ!!
と思ったのは、ポテトチップスみかん味です。
みかんの味がするポテトチップスって斬新ですね。
でも食べてみたいですか?
私は甘いポテトチップスは反対派です。
塩ポテトにチョコレートがコーティングされているものとかです。
あれはひとふくろあっても食べられないような気がします。
高級志向でちょこっとだけとかならいいかなぁ。
ほかにも桃の味やバナナ味も発売されるんだか。
えー。だったらみかんの味が一番いいです。(笑)
カワリダネってのに手を出すことはあまりありません。
季節限定のカワリダネを気に入ってしまうと、それはそれで不幸ですよね。
だって気に入って食べているのにそれにはいつか「終わり」が来るのですから。

おしゃれは合わない

氷をつくるときに小さな花を入れて、お酒やジュースに浮かべるっておしゃれですね。
見た目も可愛いし清涼感も感じることができそうです。
でも・・・・・ちゃんと綺麗なんですかね?
私は見た目よりも安全性のほうが大切かなって思います。
潔癖症というわけではありませんけど、花びらとかって細かいゴミがついてそうじゃないですか。
同じような感覚でイチゴも抵抗があります。
あのつぶつぶの中に農薬が入っているような気がするんです。
虫がよってこないように、見た目が悪くならないように農薬をかなりつかっているというのは想像に難くないですよね。
見た目なんて多少悪くても健康的なものが食べたいなと思います。
氷の花は綺麗だけどモヤモヤ感があるので私は否定派です。

乾燥肌の宿命

切れる季節がやってまいりました。
切れるのは若者!今は老人も切れる!
・・・ではなくて。
涙目になるときに擦るせいか、目頭とか目の際が切れちゃうんです。
あとは口の端っこです。
乾燥肌の宿命ではあります。
あとはマスカラを塗っているから目の端っこからしか涙の回収ができないからです。
最近は綿棒で回収するようにしています。
ティッシュよりも的確に涙を回収できますよ。
職場にも綿棒は必須アイテムとして必要です。
顔の肌全体も乾燥しているしいやなことだらけの季節ですよ。
花粉の影響で目はかゆいし、クシャミをすればもちろんその場所のメイクはとれます。
ただでさえ乾燥肌なのにティッシュによってまたもや皮膚がまずい状態になってしまいます。
嫌な季節ですね。

脳の代謝機能

「プリン体はゼロです!」なんて売り文句をつけているビールCMがありますね。
でも実際は口から入るプリン体は少しだけでなんですよね。
過剰に食べるとか激しい運動をすれば尿酸のもとになるプリン体が増えてしまうのです。
あとはストレスですね。
ストレスがない生き方をしている人をみつける方が大変な世の中で、ストレスをさけるなんて難しいですね。
そんなときは脳の運動だと考える。
ストレスが起こると脳の代謝機能は働きアドレナリンが出ます。
アドレナリンが腎臓に影響を与えて尿を排出しにくくなるのです。
そういうものが重なって尿酸値を上げる要因とされています。
病は気から・・・という言葉通り、嫌なことは忘れるに限ります。
私もしめっぽくならないように忘れるようにしていますよ。

偽物ニキビと扁平イボ

増殖するニセニキビなるものがあります。
HPVというものが顔の小さな傷に入り表皮の一番深いところに潜り込んで細胞を活発化させるてしまいます。
感染した細胞が多くなる、これがイボです。
扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)…ゆうぜいはイボのこと。
手で触ると他へ移るので注意が必要です。
ニキビの薬を塗るときやタオルでぬぐったときに他に移ってしまう。
ニキビは毛穴に脂がつまるって白っぽくなってから赤く腫れてきます。
扁平イボは肌に近い色です。
メラニン色素が沈着して直らないひともいます。
毛穴からじゃないので変形しているのが特徴。
楕円形、線状で痛くもかゆくもない。
顔にイボがある人は気にしちゃいますよね。
相手にイボがあると無意識に見てしまいますし。

路上寝禁止!

路上で酔っぱらって寝ている人に対して、その寝姿をポラロイドカメラで撮影して本人に見せるってあまり効き目がないように思います。
警告書と一緒につけておくそうです。
酔ってしまい、路上で寝てしまうような人は寝てしまったという事実だけで反省する人は反省しますよ。
そんな写真を見ても「だからどうした」と思い、反省しない人の方が多いんじゃないでしょうか。
罰金とかにすればいいんですよ。
だって路上で寝ていて、車が轢いてしまったら運転者が悪いことになるんですよね。
非常識なうえに人に迷惑をかける人達ですよ。
そんなところで寝ていて怪我をするのは自業自得なのに、相手を犯罪者にさせてしまう。
どっちが加害者なんだって思います。
もっと厳しく取り締まるほうがいいです。

医師の私が母とランチを食べに行った話

透析医の私は、この間の休日、母とオーガニック料理が食べられるお店に行きました。
ニートの弟も誘ってみたけどやはり来ませんでしたよ。
ランチだったから安くて、野菜がたくさん食べられてとても美味しかったです!

母とは家ではなかなか出来ない女同士の会話が出来て嬉しかったです!
母から、好きな人はいないの?とか聞かれました。
母と父は、母が働く病院内で出会ったそうです。
母は看護師をしていたんですよ。
そこで一人暮らしをしていた母のアパートへ半ば強引に父が住みだしたんだって(笑)
母は言います。
「追いかける恋より追いかけられる恋の方が幸せよ。」
追いかけてくれる男性がいたらいいけど…
私は1年ほど前に、透析医としてこの病院に転職したのですが、
医師の私を追いかけてくれる男性なんて未だに現れません。
もちろん出会いを求めて転職したわけではありませんが・・・

私は父と母みたいな夫婦に憧れています。
父みたいな男性と出会いたい…
そんなこと家族には言えないけれど。

ニートの弟についても話しました。
医師の私はもっと厳しくしてもいいんじゃないのって言ってみましたが母はその逆。
「あの子はあの子なりに苦しんでいるから許してあげて。もう少し様子を見てあげよ!」と言ってました。
全く子供には甘いんだから…
医師の私には理解できません!

羊の未来絵

来年の干支は羊です。
年賀状の季節ですが・・・私は年賀以上とは縁を切ったので書きません。(笑)
でもちょこっとイイハナシを聞きましたよ。
年賀状の切手を貼る部分はその年の干支なんですよね。
12年前の羊をデザインした人が今年もデザインをしたそうです。
以前の羊は編み物をしている羊です。
今年はその編み物が編み上がって、編んでいたマフラーをしている羊になっているんです。
12年前のものを見につけている羊っていいですね。
デザインした方は次も出来るかどうかはわからない状態ですが、もし出来るのであれば家族を増やした羊にしたいとのことです。
年賀状のデザインは外注ではなく郵便局内部の社員さんがしていることにも驚きました。
また12年後にこの話題になるといいなと思いました。