最新の花粉症対策

レーザー治療はどのようなものかご存知ですか?
かこうかいという粘膜が腫れている場合に有効な治療法です。
私も完全にこのパターンですよ。
だって鼻の奥を見るとふさがっていますからね。
鼻の奥の爛れた粘膜をレーザーで焼き切るのですが、粘膜を焼いても麻酔をしているので痛くないそうです。
一週間程度は鼻の粘膜が弱るので花粉シーズンにはお勧めできない。
2、3年はもつとされているけれど、結局はもとに戻るのでそれは考え物ですね。
フォトテラピーというものもあります。
レーザー治療もフォトテラピーも一時的に症状を緩和させる方法です。
長い目で花粉症根治を目指すときは免疫療法。
注射で行う場合は病院に通わないといけない
舌下免疫療法は自宅でできます。

新型の脂肪

心筋梗塞というのは歳をとった人だけに起こる病ではありません。
若くてもメタボリック症候群ではなくても心筋梗塞になることがあります。
数十年かけて動脈硬化が進んでいくものです。
発症の一か月前には血管が細くなっているということがわかりものでした。
しかし、一ヶ月前に撮影したときは分からなかったのにいきなり心筋梗塞になることもがあります。
それが突然死を引き起こす新しい脂肪です。
心臓周囲脂肪
毒素を吐き出して血管を詰まらせるという最悪な脂肪です。
脂肪に覆われている冠動脈には糸くずのようなものがまとわりついています。
脂肪から伸びている毛細血管を通じて血管に毒素を抽出してプラークをつくる。
その場合はプラークは血管の内側ではなくて外側にできます。
この場合、血管は健康状態なのでみつかりにくく、いっきに心筋梗塞を発症させます。

男性とお風呂

男性の場合はお風呂の時間が短いと性欲が強いってご存知ですか?
お風呂に長く入ると精力が衰えるからだそうです。
それは何故か?睾丸を温めるからです。
睾丸を温めるとプラチクンが分泌されてしまうので、性欲が落ちる。
6か月くらいお風呂に入らないと運動精子が増える!
これを聞いた不妊治療をしてる人は旦那さんはお風呂に入らないようにってしそうですね。
38度のお湯に15分の足湯が良い。
ふくらはぎは第二の心臓と言われていますからね。
あと男性に朗報なものをおひとつ。
首のところは太い血管が流れているので温めることによって頭の血流が良くなります。
頭の薄毛は血流が悪くなっているから抜け毛が増えるとされています。
首の血管を温めて薄毛対策をしてはどうでしょうか?

カン発見方法

体への負担をなくすカン発見方法というものがあります。
あるものを使ったガンを発見する方法が山形県の某研究所にあるそうです。
それは人間の唾液です。
発症する場所が異なる口腔がん、すい臓がん、乳がんの3つが唾液で発見できるようになっています。
健康な人の唾液とガンになっている人の成分が微妙に違うのです。
500種類の物質のうち、54種類の物質に特異性を判別できます。
どの物質が多いのかを調べることによって、口腔がん、すい臓がん、乳がんのどれに当てはまるのかが分かるといことが解明

されています。
現在で80%以上は発見できるこの検査は3年後を目途に普及できるようにする予定だそうです。
3年後なんてあっという間にきてしまうでしょうね。

転職の面接とお見合いの共通点

転職の面接とお見合いって似ていると思いませんか?
お見合いの機会は最近かなり減ってきていると思いますが、合コンなんかでも一緒です。

お見合いやら合コンやらに出向くときは誰でも、一番自分が格好良く見える状態、可愛く見える状態で行きますよね。
あまり押し付けがましい印象にせずとも自分の魅力をアピールするんです。
相手の話をよく聞いて、そこに共通点を見つけて話を選ぶ。
身なりがだらしない人や、食事や対人に関するマナーがなっていない人は、お見合いでも失敗しやすい。
合コンでも人気を得にくいですよね。
転職の面接でもこの条件は全く同じだと思うんです。
身なり・マナー・話す態度聞く態度・魅力的な人間かどうかなど・・・。

つまり、職探しは恋人探しのようなもの。
もちろん長く務めてくれて企業の即戦力になる人が欲しいわけです。
恋人や結婚相手でも同じ、長く連れ添えて自分にとってプラスになる人を理想とする人が多いんですね。
だから仕事で成功する人は、結婚相手や恋人に恵まれやすいとも言われます。
私生活が充実していると、仕事も充実すると言われますよね。
転職の面接を、結婚を前提としたお見合いに置き換えてみるとうまくいくのかもしれません。

転職×お見合いと言えばブライダル業界の転職?なんて思っちゃいました。例えばブライダル業界のグラフィックデザイナーになりたいならこんなページはいいかもですねー。

フィクションだけど

久しぶりに読む作家さんで楽しみにしていたのに残念な結果になってしまった本があります。
主人公:40代男性で仕事から帰ると奥さんが消えています。
仕事の前に喧嘩をしたのでその腹いせに自宅のものを全部持って行ってしまいました。
主人公いわく専業主婦なのに家事もしない子育てもしない、幼児を置き去りにして帰ってくることも何回もある奥さんだとか。
しかも自分がかわいそうに見えるように他人にウソをつく。
勝手に自分だけのために大きな買い物をしてくる。
駄目な女だが美人だってさ。
文句とともに奥さんの名前が出ていて、それが私と一緒でした。
よくある名前なので気にしていなかったら男性の名字が判明。
私と一緒です。つまり同姓同名です。すごく嫌な気持ちになりました。

心臓に負担

ストレスは人が思う以上に心臓に負担がかかるといわれています。
月曜日に負担がかかる人が多いそうです。
月曜日の朝の6時から11時時が心臓に負担がかかっている。
日曜日が休みな人が多いせいですからね。
確かに憂鬱になったりしますからね。
前日が日曜日だからこそ余計に負担がかかる。
あとは金曜日の夜なんですって。
日曜日にストレスで心臓に負担がかかるのなら、これから休みって人にストレスって不思議だなと思ったら、次の日から休みなので大量に飲酒をする人が多くてアルコールや塩分をとりすぎる人が増えるそうです。
塩分を取りすぎる食事は血液中に水分が増えてしまうので動脈硬化を招いてしまいます。
ストレスと食生活で心臓が悪くなるようです。

短気は損気

「邪魔だった」という理由で88歳の女性を突き飛ばした男性。
短気すぎますよ。
仲間同士で横に広がっている輩には腹が立ちますけど、88歳のおばあちゃんじゃないですか。
もし先に通りたいのなら、どいてくださいとか声をかけるくらいすればいいのに。
前の人が邪魔なんてよくありますよ。
でも何時間もじゃなくちょっとだけですからね。
声をかけて道を譲ってもらう気がないのなら我慢するしかありません。
ただ歩きながら携帯とかスマホとか見ている輩には腹立たしいですよ。
電車のホームでそんなことをしながらしていたらいつかひどい目にあいそうです。
実際に駅のホームで増えているようですしね。
人を巻き込むような人もいますし本当にやめてほしいです。

脳出血のイメージ

話題のドラマ半沢直樹の第二部がスタートしましたね。
同期の近藤さんのことは前から気になっていました。
近藤さんをいじめて楽しんでいた輩は半沢が返り討ちにしたけれど、近藤さんの苦難はまだ終わっていなかったんですね。
出向先では銀行さんと軽んじられて、銀行では融資をしてもらえない。
近藤さんの頭の中でインクがポタポタ。
これはもしかして脳出血のイメージで、もしかして脳卒中で倒れて亡くなるんじゃないかと心配でした。
半沢はえらくなったんだから、近藤さんに融資をさせればいいのにと思っていました。
しかし半沢はそんな手助けはしません。
友人を助けるのにただ手を貸すだけじゃないところがかっこいいです。
そして近藤さんは自分で立ち直りました。
顔は知ってるけど名前が出てこない系の役者さんでしたが、引き込まれる演技でした!

暑さと体の関係

気を付けているのに熱中症になってしまう熱中症の落とし穴があります。
熱中症になる人ならない人がいるのはどうしてでしょうか。
熱中症になる人は久しぶりに外に出たという、慣れない状況をつくってしまった人に多いとされています。
普段あまり外に出ない人の体は暑さになれていません。
逆に毎日外に出ている人でも要注意なこともあります。
仕事をしているイコール外出時間が長いではないからです。
外に出て太陽の直射日光をあたっているトータル時間はそれほど長くないときがあるからです。
建物にいると冷房が効いていますしね。
20代で実験をしたところ、体感温度と温度はだいたい同じくらいでした。
しかし60代の方々は20代の人が暑いと感じた28度になっても誰も暑いと感じませんでした。
そして体感温度と実際の温度はかなり差が出ていました。
過労とともにかわってくるわけですね。