フィクションだけど

久しぶりに読む作家さんで楽しみにしていたのに残念な結果になってしまった本があります。
主人公:40代男性で仕事から帰ると奥さんが消えています。
仕事の前に喧嘩をしたのでその腹いせに自宅のものを全部持って行ってしまいました。
主人公いわく専業主婦なのに家事もしない子育てもしない、幼児を置き去りにして帰ってくることも何回もある奥さんだとか。
しかも自分がかわいそうに見えるように他人にウソをつく。
勝手に自分だけのために大きな買い物をしてくる。
駄目な女だが美人だってさ。
文句とともに奥さんの名前が出ていて、それが私と一緒でした。
よくある名前なので気にしていなかったら男性の名字が判明。
私と一緒です。つまり同姓同名です。すごく嫌な気持ちになりました。