「名もなき毒」

有名な作家さんである宮部みゆきさん。
最初に読んだ本の印象もあって、作品はあまり読んだことがありませんでした。
ドラマ化もされている「名もなき毒」を図書館で借りてみたら、シリーズ一作目じゃないということに気が付いてあわてて一作目の「誰か」を借りました。
ドラマの方は見てませんが、配役をHPで見てその人を想像しながら読んでいます。
原作といろいろ違うところはあるでしょうけれど、役柄と俳優さんがとても合っている印象があります。
こんな旦那さんなら羨ましいなという謙虚さと常識のある人なんです。
近年、ブラックな役もやっていましたけどやはり元は好青年の印象がある彼なので、こっちの方が好きかな。
面白そうなので他のシリーズも読むことにしました。

かっこいい女性!

女子プロレスラー長与千種さんの名前はなんとなく知っていますが、今回女性を助けたというニュースを見てものすごくかっこいいなと思いました。
妻の体に馬乗りになって暴行する夫って最低の男に立ち向かうなんてなかなか出来ることではありません。
しかもすきを突かれて暴行を受けたのに、プロだから手を出すことは出来ないって!
正当防衛なんだしそんな雑魚なんて反撃しちゃえばいいのに。
長与さんは負傷しているのに被害届は出さないなんて言っていますけど、慰謝料だってださせたほうがいいですよ。
お酒に酔っていたからといって暴力をふるってよいという言い訳にはなりませんし金銭的に痛い目を見るべきです。
少し前に男性プロレスラーが事件を起こしましたがこちらは完全にヒーローですね。

差別意識はなかったつもりです

20代だったか30代だったかの女性が、親の借金のせいで風俗で働かされている20歳の女の子を保護する、という話しを読みました。
女の子が乗ったままの車を奪ったら、そこの数千万円もある。
その時点でそうとうヤバい相手だとわかるのに、そのまま逃げちゃうんですよ。
私だったらお金だけは返して、女の子の保護はそれなりの機関に協力してもらいますね。
まあ、物語はそれではすすまないわけでそのお金で逃げるわです。
そうやっている内に、少々知恵遅れの女の子を好きになる主人公。
そしてなんと女性同士で性交渉をする仲になりました。
男性同士ならそれも有りかなって読み進めますけど女性だと違和感があって驚きました。
差別意識はなかったつもりでしたから・・・。

久ぶりのクーラー

今日は久しぶりに30度くらいになるらしい。
そんな天気予報になっていることは知っていました。
でも36度とか人間の平熱くらいまで連日あがっていた日々を思えば大したことはないと思いましたよ。
しかし午後になってきて、なんだか気持ちが悪いし頭も痛いなとなってきて、ハッとなりました。
これは懐かしの熱中症の初期症状じゃないですか!
あわてて水を飲み、そして室内の温度を見たら34度でした。
私の部屋はとくに暑いので他の部屋や一階の温度よりも高くなります。
最近は秋めいてきて残暑は厳しくないと肌で感じていたので油断していましたね。
久ぶりのクーラーをつけましたよ。
やっぱりひんやり涼しいのは最高です。
クーラーをつけるかつけないか微妙な気温も嫌ですね。

『プラスチックストロー廃止』

環境保護のための『プラスチックストロー廃止』の動きですが、いろんな話題がありますね。
日本でも紙ストローをはじめたところもあるそうです。
でも紙のストローは30分くらいするとふやけてしまって吸えなくなる。
これを聞いて、お客さんに長居して欲しくないお店は使いたいんじゃないかなぁなんて思ってしまいました。
あとは曲がるストローでなければ使えない障がいをお持ちの人もいるようです。
いろいろ大変でしょうけれど、そういう人ならますます自分で使うようのストローをちゃんと持参するべきでじゃないですか?
お店によっては曲がらないまっすぐなストローしかないところってありますよね。
そういうときはどうしていたのでしょうか?
あくまでサービス品なので工夫は必要です。

夏の暑さで嫌なこと

夏の暑さで嫌なことと言えば、たくさんあるけれどご飯の支度をするのが大変というのもありますね。
台所で調理するときに、とにかく暑い!!!
仕事から帰ってきてなんでこんな苦行があるのかと思うくらいです。
共働きの夫婦ならこのことで喧嘩勃発なんてこともあるでしょうね。
そもそも家事をしすぎの日本。
手抜きと表現するのは言い方が悪いですよ。
効率よくするためにもっと冷凍食品などを手軽に使用するべきだと思います。
某社が発売している、「アサリご飯とサバの味噌煮とおひたし」はワンプレートに収まっているセットの冷凍ものです。
一回電子レンジで加熱すれば出来上がり!
楽ですねぇ。
あとは、メインと副菜が選べるものであれば好き嫌いもなく食べられるでしょうね。

災害は来てほしくない

大きな地震の災害は来てほしくない。
なんで地震なんてあるんでしょうね。
地震が多い日本でオリンピックなんてやって大丈夫なのか。
大きな地震がくるたびに思います。
思うのだけど少しするとその恐怖は薄れてきちゃうんですよね。
地震対策もそうなんですよね。
地震があったときには話題にもなるし気を付ける対策をする。
ベッドの上にエアコンがある部屋は危険!と聞いて実家を思い出しました。
そのことを実家の両親に言いましたよ。
地震で携帯が吹っ飛んでみつからない場合があるので、大事なものはカゴの中に入れておく。
そのカゴは移動しないようにくっつけておくこと。
枕元には靴を用意しておく。
寝る場所に物がないのが一番安全というのが基本ですね。

[この嘘がばれないうちに]

[この嘘がばれないうちに]
誰かがこの本は面白かったという感想を言っていたので、私も図書館で借りてみました。
過去に戻れる喫茶店が舞台です。
戻ることはできるけど、未来はかえられないし、いろいろな細かいルールがあります。
短編の連作ですがひとつひとつの主人公たちよりも、喫茶店の登場人物の謎っぷりがきになります。
ただ、正直言って中途半端なもやもやが残りました。
なんだかなぁって。
あと、登場人物の見取り図。
あれを先にちょっと読んだら盛大なネタバレがあって白けました。
泣けちゃうシーンもありましたよ。
でもキャラクターの個性を出そうとしているのは分かるけど、イマイチ不発なんですよ。
全体的にスッキリしないので評判のわりに私は好きじゃないです。

時間がたてばくたびれる

凄く便利なバッグでも、時間がたてばくたびれてしまいます。
履いていても疲れないし可愛い靴も、バッグよりも使えば使うほどすぐにダメージがあらわれてしまいます。
だから気に入ったものはなるべく早めに新しいものや色違いを手に入れるべきだと、歳をとってから知りました。
そしてこの度、3年間で二足購入していた靴の新しい色を二足買っちゃいました!
私にとっては安くない値段ですけど、夏にはかなり重宝するのでちょっと迷いましたが決めました。
洋服も夏はとくに長袖で涼しいものを!と一年中探している私としてはいいものは買いたいと思っています。
でも夏がくる前にこの買い物をしてしまったし、今シーズンは何も買わないと心に誓いました。

今年の世界フィギュアスケート

今年の世界フィギュアスケートはイタリアとの時差があって、女子のフリーは早朝になりました。
休みの日でもいつも同じ時間に起きるので、ちょうど良いときに見ることが出来ました。
宮原さんが転倒するなんて珍しく、残念な合計点。
残り二人が上位にいけば日本は4位、5位でメダルなし。
一名は盛りすぎの点を出す可能性もあるけど、まあ、見なくても良いかなと思い朝食の準備をしにいきました。
自室に戻ってきたときに、日本のダブル表彰台となっていて心底ビックリしました。
今シーズンでシニアデビューした上で7戦優勝だったザキトワのミスがあったなんて驚きです。
まあ、まだ15歳だしオリンピックが終わってすぐですからね。
日本からしたら棚ぼたですね。